行政書士はどんな仕事がある?

いま人気のある仕事としては、行政書士というものがあります。
しかし、実際にどういった仕事をしているのかについてはあまり知られていません。
目指すにしても、仕事内容をしっかりと理解したうえで目指すことが重要になるでしょう。
では、その行政書士の仕事内容ですが、重要なものになるのが官公署に提出する書類の作成です。
書類の作成の専門家になりますので、書類作成代行業と言っても良いかもしれません。
その詳しい書類内容ですが、遺産分割協議書や各種契約書といったものになります。
なかなか、一般の方では効力を発揮する正しい書類というものを作ることができません。
そこで司法書士がその作成を手助けするわけです。
さらに、各種の書類についての相談業務についても立派な行政書士の仕事になります。
司法書士は、法人だけでなく個人にも対応する仕事を行いますので、その点にも注目しておきましょう。