リフォームローン契約の時に注意することとは?

リフォームローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
この保険の詳しい内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅をリフォームする事ができます。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
これから先、親との一緒に住むことになっている方に知らないと損をするかもしれないリフォームローンのご紹介です。
普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。
しかし、親子リレー返済を利用した借入れであれば、80歳未満の方であれば心配なく申請可能です。
理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく借りた親が先に返済し、残りを子供が受け継いでいく為です。
この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。
自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。
最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、選べずにいるという方がとても多いのです。
自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上でローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。
ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。
殆どの場合、FPの資格を持っている仲介者が多いためしっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。
実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。
近い将来、新しく家をリフォームしていく計画を立てている方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。
この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので一例として110万円以上の援助を受けた時は、10%の税金を支払わなければなりません。
この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。
またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。
税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

リフォームローンの審査に落ちた理由は? 【どんな理由が考えられる?】