光ファイバーを使っていても速度が遅いのはなぜ?

プロバイダの月額料金が安くなるといわれて、今のプロバイダにしたのですが、間違いだったと思っています。
確かに、値段はかなりお買い得でした。
しかし、しばしばネットにつながらなくなってしまったり、速度が低下したりで、前のプロバイダの方がはるかに快適だったのです。
プロバイダを乗り換えたのは安易な考えだったと、悔やんでいます。
フレッツのクーリングオフをしたい際には、契約書類を受領した日から1日?8日の間であれば書面で申込みの撤回が無条件でおこなえます。
フレッツは強引な契約勧誘が問題になっており、クーリングオフをしたいという人々も少数ではありません。
クーリングオフが不可能な場合には、解約のためにお金を支払ってでも解約したい!と思う人もいるみたいです。
プロバイダは非常に多くあり、選択方法もいろいろです。
でも、キャンペーンでキャッシュバックをやっていたり、数か月タダになったり、月々の費用が安いところにすぐ決定するのは感心しません。
どんな目的でネット回線を使うかによって違いは生じますが、通信の速度やパフォーマンスの安定性などを重視して選んだ方が良いでしょう。
早くなければいけない光ファイバーが安定しない一つの理由として、光ファイバーは近所やマンション内などで回線を分配するという原理のため、通信量が多い人が住んでいる場所では遅くなることもあります。
通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に段違いで遅くなってしまい、安定しづらい場合はこのせいだと言えるでしょう。

光ファイバーでテレビが映る?フレッツテレビ【地デジ・アンテナ対策】