食あたりに注意しましょう!

食あたりが多くなる季節は、夏です。食あたりは、生ものを食べた時に発生しますが、菌の種類によっては自分が食べた時だけとは限りません。もちろん、自分が食べるものへの注意することは当然のことですが、その他の部分での注意も大事だと言えます。例えば消毒についてです。薬用アルコールが病院の入り口などにおかれています。ですから、この消毒は侮れませんよね。食あたりの原因になる場合、雑菌に対しては効果があります。外から帰ったら手洗い、またうがいの励行はよく言われていますよね。簡単なことだと思いますが、これでも食あたりの原因を減らしていることになります。(笑顔)ですから、生ものを食べる時は、手指の消毒をすることを心掛けてください。お寿司などを食べる時は、お寿司の中に細菌が入っていたのか、それとも手についていた細菌が原因なのかは分かりません。(汗)ですから、お寿司の中に入っていた場合は、自分で防ぐことはできませんね。調理をする立場であれば、調理器具、食器の消毒も行わなければなりませんよね。注意しましょう。そのような注意をしていたとしても、現実的には食中毒が発生します。ある程度は仕方ないことかもしれませんが、食中毒になってしまうと、適切な処理をする必要があります。その為にも予備知識を持っておくことが大切になります。